2024年6月25日火曜日

" MEDICAL TREATMENTS BY MIND DISINTEGRATOR" 『意識ほぐし機による意識の拡張療法』

MEDICAL TREATMENT BY MIND DISINTEGRATOR

YANN TOMITA at BLUE NOTE TOKYO A.S.L. SHOWACASE, 2023.4.19





ショートムービーは、2023年4月19日(火)開催の「ヤン富田 at ブルーノート東京」に於ける記録映像を編集したものです。 This is a short movie edited from the video work of YANN TOMITA AT BLUE NOTE TOKYO on Tuesday, April 19, 2023. 


このトピックはリンク先からの一部再掲です。→ 

http://asl-report.blogspot.com/2023/07/interplanetary-research-team-to-unknown.html

MEDICAL TREATMENT BY MIND DISINTEGRATOR - 意識ほぐし器による意識の拡張療法

TESTEE OF MEDICAL EXPERIMENT (施術被験者) :

M.C. BOO、ヒップホップ最高会議ー千葉隆史、ロボ宙、いとうせいこう、高木完、小山田圭吾

DOOPEES:大野由美子 & スージー・キム   AIR VIBES:椎名謙介    DRUM:小川千果

ライブカメラ:金尾修二、鈴木晴男

ヤン富田:意識ほぐし器とマインド・エキスパンダー・サウンドシステム


M.C. BOO, HIPHOP PSYCHORE-KAIGI - TAKASHI CHIBA, ROBOCHU, SEIKO ITO, 

KAN TAKAGI, KEIGO OYAMADA

DOOPEES / VOCAL:YUMIKO OHNO & SUZI KIM   

AIR VIBES:Kensuke Shiina  DRUM : CHIKA OGAWA

LIVE CAMERA : SHUJI KANAO & HARUO "PARUO" SUZUKI 

MIND DISINTEGRATOR & MIND EXPANDER SOUND SYSTEM:YANN TOMITA

____________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

____________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

____________________________________________________________________________________________

At CULTUART BY BEAMS GALLERY, TOKYO 2017 

2017年、今は無き東京・原宿にあったCULTUART by BEAMS Gallery に於いて。

→ https://asl-report.blogspot.com/2017/08/asl_24.html

2023.4.19 ブルーノート公演用に改良されたエネルギー・タンク。パフォーマーの動力をも支援する。
“TO UNKNOWN HORIZONS WITH ENERGY TANK"  
INTERPLANETARY RESEARCH TEAM
点灯する個体はエネルギー/シンク・タンクです。未知の地平を拓きます。

                                                                                                    写真:グレート・ザ・歌舞伎町





意識ほぐし機 / MIND DISINTEGRATOR

意識ほぐし機の前身は放射線治療の際に被曝線量を測るガイガーカウンター。


























意識ほぐし機は、放射線治療の際の被曝線量を測定するための機器でした。これを発光ダイオード、オシレーター、低周波発振器、サウンドフィルター、エンベロープ・ジェネレーターから構成された光線と音が連動するものへと改造し、製作されたものが上記の画像にあるものです。

私はこれを使用方法からMIND DISINTEGRATOR / 意識解砕機 (ほぐし機)と命名しました。


光の点滅から幻覚を誘う、ブライオン・ガイシン(Brion Gysin/1916-1986) 製作による「ドリームマシーン」を想起される方もおられるかと思います。「ドリームマシーン」では、光の点滅が1秒間に3~13 のパルスを発生させ、それを周波数帯域に置換した場合、アルファ波の帯域にあたる脳波に刺激を与えるというものでした。しかしそれは同時に音を発するものではありませんでした。

意識ほぐし機は、正確にはこの楽器は、奏でる演者の裁量に委ねられますが、パルスは、周波数、音色、ダイナミクスと連動したサウンドを発音します。更に一定周期のパルスを発生するだけでなく、ランダムな自由度を得ることも出来ます。それは時として、脳みそや意識がグニャグニャになることを意味します。この使用方法の発見は表題作への創作へと繋がりました。


目を閉じて鑑賞する最初の芸術作品、ブライオン・ガイシンの「ドリームマシーン」によるテスト。画像は『A.S.L. REPORT 』2017.5.20/21 開催より

A.S.L. REPORT 2017.5.20/21開催



ペリカン#1600ケースに収納された解砕機 (ほぐし機) の両側の機器は光線銃です。火星人が来襲した際、地球に持ち込まれたとされる武器で、脳みそ解砕機と言われた恐ろしいものです。これを改良し「脳みそほぐし機」としました。現在では施術に役立てています。

____________________________________________________________________________________________
____________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________


____________________________________________________________________________________________



____________________________________________________________________________________________
____________________________________________________________________________________________
____________________________________________________________________________________________

____________________________________________________________________________________________


____________________________________________________________________________________________

施術用に改良された脳みそほぐし機で、ご来場のお客様にビームを照射するA.S.L.クルー。

→   ヤン富田  大野由美子  椎名謙介  HIPHOP最高会議ー千葉隆史

DUB MASTER X     永井秀二  COMPUMA    山口洋介  ジェリー鵜飼


2011年12月4日開催、第2回アシッドテスト『意識の拡大から拡張音楽へ』

横浜創造都市センター・ホール

____________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________























ヤン富田  ACID TEST Vol.2 2011.12.4 『意識の拡大から拡張音楽へ』

→  https://asl-report.blogspot.com/2011/12/acid-test-vol2-2011124.html


Parliament "Funkentelechy Vs. the Placebo Syndrome" (1977) 『バップ・ガン』所収

バップ・ガンは1970年代後半のP-FUNKコンサートにおいて観客の頭上より放射されました。

Parliament, Funkadelic –1978 Flashlight Tour   P-Vine Video PVH-27 VHS Japan 1994私が観たP-FUNK 関連のコンサートビデオの中では、これが最高の内容かと思います。
































____________________________________________________________________________________________


Bo Marley vs. Disrupt   Jahtari JTR02 CD     2006    Germany

____________________________________________________________________________________________



____________________________________________________________________________________________


____________________________________________________________________________________________

________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

画像は、SOURCE : Music of the Avant Garde No.6 (1969.7)誌の表紙を飾った、フルクサスの作家として知られる Dick Higgins (1938-1998)の作品。五線譜にエアガン、銃器等で開けた穴の状態を図形楽譜とした。下記のCD はそれを元とした演奏集。

Dick Higgins - The Thousand Symphonies    Realization by Philip Conner

Alga Marghen plans H 31NMN.077 CD Italy 2010

____________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

YANN TOMITA EXTENDED STEEL PAN より - 銃器の平和利用奏法#1 テナーパンを奏でる 

匍匐前進で所定の位置に向かう大野由美子

Extended Play for Steel Drum / スティール・ドラムのための拡張演奏

____________________________________________________________________________________________

第10回『アシッド・テスト - パフォーマンス大会』より 

[ ヤン富田 エクステンデッド・スティールパン/YANN TOMITA EXTENDED STEEL PAN]


『銃器の平和利用奏法#1・テナーパンを奏でる』

『銃器の平和利用奏法#2・楽曲を奏でる』

   ヤン富田:指導    大野由美子 -スナイパー:エアガン & Tenor Pan   

   HIPHOP最高会議 -千葉隆史:観測手

『ピンポンパン奏法#1』 

  ヤン富田:ラケット、ピンポン球 & Tenor Pan    HIPHOP最高会議 -千葉隆史:アシスタント   

『ピンポンパン奏法#2』

  ヤン富田:ピンポン球 & Tenor Pan

____________________________________________________________________________________________

観測手:HIPHOP最高会議ー千葉隆史  スナイパー:大野由美子

2018年8月25日、今は無き品川・原美術館 - 中庭でのパフォーマンス。匍匐前進中の大野由美子と千葉隆史。

____________________________________________________________________________________________


YANN TOMITA ”EXTENDED STEEL PAN” 
Extended Play for Steel Drum / スティール・ドラムのための拡張演奏は、1997年に創作されました。これは意識の拡大によるスティール・パン・ミュージックの創造をテーマとしています。この作品は1998年発表の拙作:YIN & YANG TOMITA “MUSIC FOR LIVING SOUND” FOR LIFE RECORDS FLCF-3715 (CDx 3+CD-ROM) のCD-ROM に収録予定でしたが、メディアのメモリーの都合上見送る事としました。それから18年後、『第10回アシッドテスト・パフォーマンス大会』(2016.12.10/11) に於いて、その作品集から「ピンポンパン奏法」、「銃器の平和利用奏法」、「綿飴奏法」他が演奏されました。

[「卓球で宇宙を表現するんだ。俺たちはただ勝つために卓球をやるんじゃない。人間の文化を向上させるために、ラケットを振るんだ」と語った荻村伊智朗は、1954年から60年にかけて、合計12個の金メダルを世界卓球選手権で獲得しました。また1971年の米中ピンポン外交を周恩来に提案した立役者です。1987年から94年まで国際卓球連盟会長を務めました。


私が中学生の時に、東京都の大会で男子ダブルス・ベスト8になりました。優勝したペアにフルセットの末、私の弱点を見透かされての逆転負けでした。そのことでペアを組んでいた相手から絶交されました。負けたことよりもそのことですごくがっかりしたのを思い出します。

____________________________________________________________________________________________
____________________________________________________________________________________________
____________________________________________________________________________________________
____________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

ウィリアム・S・バローズ (William Seward Burroughs/1914-1997) の Shot Gun Paintings   キャンバスにショット・ガンを打ち込む画法。

バロウズ、ブライオン・ガイシン、映像作家のアンソニー・バルチによる短篇『タワー・オブ・ファイアー』からのワンシーン。RAY GUN を撃ちまくるバロウズ。  1962

____________________________________________________________________________________________

____________________________________________________________________________________________

____________________________________________________________________________________________


____________________________________________________________________________________________



____________________________________________________________________________________________

一円相ガン/ICHIENNSO GUN

スモーク・ブラスターは禅でいうところの円相の煙を発っすることから一円相ガンと命名しました。

煙となって飛ぶ一円相、これすなわち禅の道

 
                                                                

                                                         (写真家、グレート・ザ・歌舞伎町による作品から)


『銃器の平和利用奏法』に関連して#2 ビート禅のための一円相ガン/ICHIENNSO GUN

リンク→ https://asl-report.blogspot.com/2017/02/2-ichiensou-gun-for-beat-zen.html

____________________________________________________________________________________________

   アストロ警備隊の面々/2012:M.C. BOO, COMPUMA, JERRY UKAI & SHU NAGAI

____________________________________________________________________________________________

『スペースウォー!とミサイル司令官』

リンク→  https://asl-report.blogspot.com/2022/07/spacewar-missile-commander-yann-tomita.html

____________________________________________________________________________________________


____________________________________________________________________________________________

____________________________________________________________________________________________

____________________________________________________________________________________________

____________________________________________________________________________________________

____________________________________________________________________________________________
____________________________________________________________________________________________
________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

空間光線探査砲/SPACE PROBE LIGHT PHASER

空間光線探査砲は空間の光量の変化を可聴化します。カメラに内蔵された光センサーによって、フィルター、エンヴェロープジェネレーター、オシレーターを光量の変化によってシンセサイズし音を発砲(音) します。さらにトリガーを引くことで自ら発光し発砲(音) することも可能です。

ヤン富田『空間光線探査砲によるパワー注入パート2:すごく元気になる!』(12/10 Afternoon Test)


ここでは砲身を鏡に向け、自らの発光のフィードバック効果により空間光線探査砲がヘラヘラと笑い声を発します。これをハラホロヒレハレ・サウンドといいます。ここでの試みはフィードバック効果によりパワーを貯めた探査砲から、被験者である千葉隆史の顔面にパワーを注入することによって、元気になってもらって家に帰ってもらうという作品です。


下の画像は、パワー注入後の変身した千葉隆史です。元気になって自ら発光しています。

空間光線探査砲/SPACE PROBE LIGHT PHASER

リンク→ https://asl-report.blogspot.com/2017/02/space-probe-light-phaser.html 

____________________________________________________________________________________________
____________________________________________________________________________________________

____________________________________________________________________________________________


____________________________________________________________________________________________

________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________


A LIVE VIDEO ON "CONSCIOUSNESS EXPANSION THERAPY" 

(Excerpts from a Yann Tomita Concert at Liquidroom, Tokyo, 9.22, 2012)




『意識解砕機 (ほぐし機)による意識の拡張療法:ファンク注入プログラム』

“Mind Expansion Therapy by Mind Disintegrator : Funk Infusion Program”

____________________________________________________________________________________________


1.    オーディオ・サイエンス・ラボラトリーと意識の拡大について:

        ヤン富田:お話

2. 『意識ほぐし機による意識の拡張療法から:ファンク注入プログラム』        

       HIPHOP 最高会議ー千葉:被験者    M.C. BOO & COMPUMA:被験者介護

       DUB MASTER X:配線助手      大野由美子:助手 & 脳みそほぐし機

       ヤン富田:意識ほぐし機、脳みそ解砕機、SERGE MODULAR、BUCHLA BOX 

                      & MIND EXPANDER 2012 SYSTEM


3. エイリアン調査計画から抜粋:『Who Are You?~あなたは誰?~実存と構造とそしてそれから』

      ヤン富田:ELECTRONICS & QUADRAPHONIC - SPECIAL DIMENSIONAL SOUNDS


4.『意識の拡張診断 :スペース・トーク』

      HIPHOP最高会議ー千葉: (変身)→ SPACE FUNKATEER ; POETRY READING & RAP

     ヤン富田:SERGE MODULAR、BUCHLA、MIND EXPANDER 2012 SYSTEM


   :LIVE CAMERA: 金尾修治 金屋 秀 井澤聡朗 (サイファー・コミュニケーション・クルー) 


____________________________________________________________________________________________

意識の拡張療法に関するリンク:

____________________________________________________________________________________________

意識ほぐし機に関するリンク:


____________________________________________________________________________________________
________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________
________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________